離婚問題

離婚問題というのは非常にデリケートです。その原因となっているものは、性格の不一致であったり、相手方による暴力(DV)であったり、相手方の不貞行為であるなど様々です。

本来は夫婦間の話し合いで解決することが望ましいのですが、一旦、感情的になってしまった夫婦は、冷静に話し合いを続けることは困難です。

そのような状態のまま、時間ばかりが経過していけば、お互いの精神的負担は増すばかりです。また、お子さんがいるご家庭であれば、紛争の渦中におかれることによって、お子さんの健全な成長に悪影響を及ぼす可能性もあります。

よって、相手が全く話をとりあってくれない、何度も話をしているが、平行線をたどる一方で、当事者だけでは一向に前へ進まない・・・そんな時には、何らかの手続きを取らざるを得ません。

離婚手続には、大きく分けて「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」という3つの手続がございます。基本的に順を追って進む手続ですが、どの段階で離婚が成立するかによって、弁護士費用や手続期間も違ってきます。話し合いが大きくこじれてしまう前に、ご相談に来ていただくことで、最終的な費用の負担が少なく済み、早い解決が可能な場合があります。自分だけで抱え込まず、まずは多くの離婚事件を扱っている当事務所へご相談ください。

なお、残念なことに、離婚後にもトラブルが発生する場合があります。例えば、約束しているはずの養育費が振り込まれない、家から出て行ってくれない、子供との面会の約束を守らない等の問題です。当事務所では、このような問題についても相談を承っておりますので、お気軽にお問合わせください。

当事務所の費用目安

事案の内容により以下の範囲内で協議により定めます。

着手金 交渉対応のみ 20万円〜30万円
調停対応のみ 30万円〜40万円
訴訟対応のみ 30万円〜60万円
※交渉・調停・訴訟の全ての事件を別々で受任する事も可能ですが、複数の事件を見越して受任した場合、別々で受任する場合に比べて弁護士費用を抑えることもできます。
また、結果的に続けて受任する場合も、進行の度合いに応じて、調整することもできます。
詳しくはお問い合わせください。
報酬金 着手金の2倍〜 +経済的利益の額を基礎として計算した金額

※最終的な離婚案件の報酬金は弁護士と相談の上で決めて頂くことになります。
※慰謝料等の経済的利益を得た場合には、得られた経済的利益の額を基礎として計算した金額を加算します。

※着手金・報酬金・申立手数料には別途消費税がかかります。

【初回相談料 1時間無料】

当事務所では離婚問題の特別相談会を実施しております。初めてのお客様に限り、1時間のお時間限定ではございますが、ご相談料無料でご案内しておりますので、開催日等についてお電話でお問合わせください。

離婚専門サイト

また、離婚問題の専門サイトを作成しておりますので、是非一度ご覧ください。

女性の為の離婚情報サイト男性の為の離婚情報サイト熟年離婚の専門サイトもご覧いただくことが出来る、充実したサイトとなっております。

離婚専門サイト

ご相談の流れはこちら

お問い合わせはこちら

相談予約専用ダイヤル 0120-10-5050 受付時間 平日9:00〜18:00 携帯電話からも着信が可能です

ご予約済みのお客様  相談票ダウンロード

葬儀社向け 相続総合相談サービス

原発事故被害支援情報

更新履歴

アルファ総合法律事務所
個人情報の取扱いについて